ニュージーパイン 《優しを感じる高性能床材》

ニュージーパインニュージーパイン


ニュージーパインとは?

ニュージーパインとは㈱ウッドワンがニュージーランドで計画的に植林・育林したラジアータパインです。幹は均一に太く成長し、空に向かってまっすぐに伸びる姿は、高さ30〜40メートルにも達します。節がなく木目がまっすぐに伸びた美しい無垢の一本ものがとれるように、枝を丁寧に取り除きながら多くの人の手と手間をかけて大切に育てられています。

ニュージーパインの魅力

▶自然作り出した、2つとない美しい表情
木肌の優しさやぬくもり等、木材そのままの味わいを楽しめるのは無垢ならでは。永い年月により作り出された色合いや木目はその木の個性的な美しさです。

▶化学物質の心配は必要なし
木材をそのまま切り出して加工してあるので、もちろん体に有害な化学物質の放出はほとんどなく、アレルギーの方やお子さまにも優しい素材です。

▶針葉樹ならではの人に優しい硬さ
家具屋床等に適した強度を持ちながら、針葉樹ならではの独特の柔らかさをあわせ備えます。さらに、年輪部分が浮き出るように加工した「うづくり加工」が施されており、歩いた時の感触はとても心地よい上に適度に滑りにくいなど、素足の生活スタイルの日本の住宅にピッタリな床材と言えます。

▶柾目の効果、高い調湿作用
成長している木は水分の吸収・排出を繰り返す作用がありますが、板を「柾目」でとる事によりこの調湿効果を最大限に引き出しています。湿気が高いときには空気中の水分を吸収し、空気が乾燥していると放出して、空間の快適さを保ってくれます。
※湿気の吸放出を妨げない塗装で仕上げる必要があります。

ページトップへ