"希望"はやっぱり木造住宅


最近では、建築工法の多様化で、住宅の木造率が減少しています。

しかしながら、森林と生活に関する世論調査では「やっぱり木造住宅がいい」と思う人は83%にもなり、"木造住宅への憧れ"は非常に高いことが伺えます。

特に、近年は健康志向が高まるとともに、個性を大切にした住宅が増えており、ユーザーの希望をいかに実現するかがこれからの住宅業界のキーワードになっています。

やっぱり、みなさん木の家が好きなんですね♪

ページトップへ