岡山の木を使って家を建てよう!

岡山県産材ヴァルトハウスは岡山県産乾燥材を構造材に利用した家づくりをおすすめします。

岡山県産乾燥材とは、「岡山県の木材業者や製材業者が手掛けた、含水率25%以下の乾燥材」を指します。

全国でも有数の木材の生産地である岡山県北の構造材は、皆様に安全で安心な家を建てて頂けるよう厳しい製品検査に合格した認定製品となっており、丈夫で長持ちする家づくりをサポートしてくれます!

ヴァルトハウス(杉岡建設株式会社)は『県産材利用工務店』に登録されています。

県産材を使うと森林も地球も喜びます


木材の利用は森から木を伐採する所からはじまります。
樹木を伐れば森林に手を加えられるようになり、森林をどんどん元気にしていく事に繋がります。

間伐は良質な樹木を育てるとともに森林内に適度に光を入れ草や低木が生育しやすい環境となり、表土が流れ出ることを防ぐなど森林の持つ様々な働きを高めてくれます。

もちろん、植林も進む事になります。成長過程の木は地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し炭素を固定してくれます。地球環境にも一役買ってくれる、という事ですね。

"希望"はやっぱり木造住宅


最近では、建築工法の多様化で、住宅の木造率が減少しています。

しかしながら、森林と生活に関する世論調査では「やっぱり木造住宅がいい」と思う人は83%にもなり、"木造住宅への憧れ"は非常に高いことが伺えます。

特に、近年は健康志向が高まるとともに、個性を大切にした住宅が増えており、ユーザーの希望をいかに実現するかがこれからの住宅業界のキーワードになっています。

やっぱり、みなさん木の家が好きなんですね♪

お問合せ・ご相談はこちらから!

お気軽にお問合せ・ご相談ください!

ページトップへ